最盛期を前に各地で「安全」への取り組み ~「学び」で安全の思いを新たに

asahi_LogiChan8.jpgアサヒロジの現場は「安全」を活動の中心に据えて、日々の業務に取り組んでいます。
 これから暑くなるシーズンに向けて、アサヒロジの現場は最も忙しい時期を迎えます。
 夏の最盛期を前に、全国各地で「安全」な職場を作るための社内研修が行われています。

20160520_01.jpg

 日常の多忙さに埋もれてしまいがちな「安全」への意識。社内研修を繰り返し、改めて物流機器の構造や法令を学び、事故の背景や原因を共有することで「安全」への意識を新たにし、新鮮な気持ちで業務を行うことができます。

 アサヒロジは全国の各拠点がそれぞれに自事業所の特性に合った安全研修会を自分たちで企画し、繰り返し実施しています。

 横浜支店(神奈川)では、専門のフォークリフトオペレータではない小型乗務職の皆さんを対象にフォークリフトの基礎知識(構造や特性)を学んでいます。

20160520_02.jpg

 館林支店(群馬)では、フォークリフト販売会社から講師をお招きし、事故発生のメカニズムを検証し、指差呼称の重要性を再認識しました。

20160520_03.jpg20160520_04.jpg また吹田支店(大阪)では、「安全とはなんぞや」という問いに始まる安全ルールの解説や、徹底した実行を確認しあっています。
 広島営業所(広島)は社内外の研修に参加した社員が講師となり、「リスクアセスメント」の講義を行っています。学んだことを職場に展開するために、自社の取り組みに合わせ、誰もが理解し思いを共有できるカリキュラムを作っていいます。

 「安全」に特効薬はありません。
 学びの繰り返しと愚直なまでの行動が安全な職場を作る王道であると、アサヒロジの「安全」への取り組みは留まることなく続きます。

カレンダー

<
2016年5月
>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリ

記事 アーカイブ