日本ロジスティクスシステム協会(JILS)『全日本物流改善事例大会2016』で近畿圏支社西宮支店が改善事例を発表

asahi_logi_10.jpg2016年4月21日、5月27日の2日間にわたって日本ロジスティクスシステム協会(JILS)主催の『全日本物流改善事例大会2016』が開催されました。
アサヒロジからは近畿圏支社西宮支店が「ABC分析に基づくレイアウト最適化にとる倉庫保管能力の向上」を優秀事例として発表しました。




20160607_01.jpg

 『全日本物流改善事例大会』は応募された改善事例の中から優秀事例として選ばれた事例が発表されます。今年は2日間で合計27事例が発表されました。

 アサヒロジからは昨年度の社内改善活動「K2活動(改革改善チャレンジ))で最優秀賞を受賞した、近畿圏支社西宮支店の取り組み(「ABC分析に基づくレイアウト最適化にとる倉庫保管能力の向上」)が発表されました。

緻密なデータ分析に基づき、効率を追求しつつ荷主様からの要望に最適なソリューションを提供する改善活動の報告は、多くの拍手によって賞賛されました
 この改善事例には、優秀事例として記念のクリスタルが贈られました。

20160607_02.jpg


また、本年度は『全日本物流改善事例大会』30周年を記念して、長年多数の改善事例を発表してきた企業として『特別賞』として表彰されました。

「日本ロジスティクスシステム協会(JILS)「全日本物流改善事例大会30周年記念 特別賞」受賞」

カレンダー

<
2016年6月
>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリ

記事 アーカイブ