「同じ事故は起こしません!」 職場独自に安全宣言。ドライバーさんにお願い!

あさひ・ろーじぃちゃん_ハート.jpgある事業所でフォークリフトとトラックのあおり(荷台の囲い)にドライバーさんが指を挟む労災事故が起きました。
 その事業所では事故発生を重く見て即座に対応。事業所独自の「フォークリフト安全宣言」を策定し、掲示や声かけでドライバーのみなさんに「事故を起こさない安全な職場つくり」を呼び掛けています。

20160620_-1.jpg

 「安全宣言」は、主にフォークリフトオペレータの基本動作を徹底するものです。

 1.後方確認を必ず行います。
 2.同時操作はしません。
 3.停止・徐行を徹底します。
 4.「急」な操作はしません。
 5.乗務員さんに声掛けを行います。
 6.緊急時は速やかに連絡します。

 すべてフォークリフトで作業を行う上での基本的な徹底すべき事項です。
 フォークリフトオペレータがこれらの事項を守った上で、協力会社のドライバーさんに次のお願いをしています。

 1.ルールを守らないフォークリフトオペレータを見たら、遠慮なく注意してください。
 2.ご自身が危険を感じたときは、その場で作業をやめてください。
 3.フォークリフトオペレータとの積極的な声掛けをお願いします。
 4.安全具の着用をお願いします。
 5.荷台の昇降は、昇降台を使用してください。

20160620_-2.jpg20160620_-3.jpg

 この「フォークリフト安全宣言」と乗務員さんへのお願いは特大のポスターで掲示し、また乗務員さん一人ひとりに手渡しで説明を行っています。

 安全な職場は一朝一夕に出来るものではありません。協力会社の乗務員さんにも御理解いただいて、協力しながら作り上げてゆきます。

カレンダー

<
2016年6月
>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリ

記事 アーカイブ