安全の最近の記事

あさひ・ろーじぃちゃん_ハート.jpg 2016年7月1日、アサヒロジ株式会社は「アサヒロジグループ安全基本理念・安全原則」を制定しました。
 これは全ての人々が安心して安全に働くことの出来る職場つくりの為、安全に関する基本的な考え方と具体的な行動を示したものです。




<アサヒロジグループ 安全基本理念>

私たちアサヒロジグループは
常に安全を第一と考えて行動し
一人ひとりの知恵と工夫によって
安全で安心できる職場を実現します


 安全な職場を実現するには一人ひとりが主体的に取組むことが重要です。また、『安全で安心できる職場』とは、従業員が安心できると共に、従業員の"家族から見ても安心できる職場"という意味も込められています。

<アサヒロジグループ 安全原則>
私たちアサヒロジグループは
 1.『全ての事故とケガは防ぐことが出来る』を信念とし 行動します
 2.安全に関する法令とルールを守り 基本に忠実な行動に徹します
 3.お客様や協力会社様と協働し 安全への取組みをすすめます
 4.愛車運動を推進し 人に優しい職場をつくります
 5.職場一丸となって『危険に対する感性』を磨き続けます


あさひ・ろーじぃちゃん_ハート.jpgある事業所でフォークリフトとトラックのあおり(荷台の囲い)にドライバーさんが指を挟む労災事故が起きました。
 その事業所では事故発生を重く見て即座に対応。事業所独自の「フォークリフト安全宣言」を策定し、掲示や声かけでドライバーのみなさんに「事故を起こさない安全な職場つくり」を呼び掛けています。

20160620_-1.jpg

asahi_LogiChan8.jpgアサヒロジの現場は「安全」を活動の中心に据えて、日々の業務に取り組んでいます。
 これから暑くなるシーズンに向けて、アサヒロジの現場は最も忙しい時期を迎えます。
 夏の最盛期を前に、全国各地で「安全」な職場を作るための社内研修が行われています。

20160520_01.jpg

 日常の多忙さに埋もれてしまいがちな「安全」への意識。社内研修を繰り返し、改めて物流機器の構造や法令を学び、事故の背景や原因を共有することで「安全」への意識を新たにし、新鮮な気持ちで業務を行うことができます。

 アサヒロジは全国の各拠点がそれぞれに自事業所の特性に合った安全研修会を自分たちで企画し、繰り返し実施しています。

あさひろーじい_愛車運動.jpg

 2016年4月23日。
 トヨタL&Fカスタマーズセンター東京(千葉・市川市)を会場に、アサヒロジ「愛車運動2016全社発表会」が開催されました。

 愛車運動は安全を企業活動のど真ん中に据えるアサヒロジが取り組む「フォークリフトやトラックを自分の愛車のように大切に扱う」ことで職場の安全を作り上げる、従来になかったユニークな活動です。

20160423_01.jpg

愛車運動は2014年に現場リーダーのふとした思いから始まりました。
 「職場のフォークリフトが、何故汚れたままなのか」
 「新車のフォークリフトが、何故数か月で傷だらけになるのか」
 職場のフォークリフトを自分の愛車だと考えれば、もう少し違った扱いをするのではないか、と考えた現場リーダーは、一人でフォークリフトをきれいに磨き上げる取組みを始めました。

asahi_LogiChan8.jpg 2016年2月6日、宇都宮支店において「フォークリフト研修会」を実施しました。今回は和光堂様栃木工場、エービーカーゴ東日本栃木営業所、協力会社の皆さんとの合同研修会です。同じ職場で働く皆が初心に戻り、フォークリフトの基礎を学びました。



20160216_02.jpg
 アサヒロジ北海道東北支社宇都宮支店は、和光堂様栃木工場(栃木県さくら市)に隣接し、和光堂製品の製造や工場内作業、物流を受け持っています。工場内では和光堂様社員、アサヒロジ、協力会社、エービーカーゴ東日本など所属の異なる人たちが多く働いています。

カレンダー

<
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

カテゴリ アーカイブ