物流用語集

ま~も

マーキング
しるしをつけること。商品の包装や値札、タグにバーコードなどを印刷(印字)すること。
マーキングには、JANコードやITFコードのようにメーカーが製造段階で商品の包装にバーコードを印刷するソースマーキング、衣料品のように卸売業(納入業者)が小売業の要請によって値札に印字、取り付けるベンダーマーキング、生鮮商品のように小売業のPCや店舗のバックヤードで値付けを行うインストアマーキングがある。
マテハン
マテリアルハンドリングの略称。直訳すると機械による作業の意味。物流業務を効率化するために用いられる作業機械を称して「マテハン機器」と呼んでおり、馴染み深いところでは台車、パレット、フォークリフト、コンベヤなどがある。物流において、輸送を除く、荷役・包装・保管などの機能を合理化し、経済性を高めるために計画し、組織し、統制すること。
マテハン機器
マテハンとはマテリアルハンドリング(Materials Handling)の略称で貨物の荷役運搬を意味する。マテハン機器は、物流業務の自動化、省力化、効率化そして品質向上を図るために用いられる作業機器を総称することばで、情報技術の急速な進歩に伴い、ハイテク化が進んでいる。品物の積み上げ・積み降ろし・運搬などを目的とする専用機械類ラック、ソーター、コンベア等。
マニフェスト
船積みされている貨物明細書。船会社が船積み完了後に船荷証券に基づいて作成し、仕向地へ送付する。なお、産業廃棄物の処理の流れを追跡把握することを目的として、産業廃棄物を処分業者に運搬する場合に使用する「産業廃棄物管理票」についてもマニフェストと呼ぶ。

水屋
空き車両と荷物を電話交渉によって結びつけるビジネス。人的なネットワークを通じて取引を仲介し、マージンを稼ぐ。同様の業務を、インターネットを介して行おうとしたビジネスが「求貨求車ビジネス」であるが、こちらはあまり広く普及はしていない。この形態の営業スタイルを水屋営業と称する。
ミルクラン
日本語では巡回集荷と訳され、ひとつの車両で複数の発荷主を回り、配送貨物を集荷してくる方式。共同配送においては個々の発荷主がそれぞれ共同配送センターに持ち込むよりも、巡回集荷のほうが効率がよい。また、メーカーやチェーン小売業などが納入業者のところを回って仕入商品を集荷してくるときにも採用される。牧場を巡回して牛乳を集荷するのになぞらえてミルクラン方式と呼ぶ。

無在庫システム
必要な時に必要に応じて生産し、在庫を持たない状態を理想とする生産および物流の管理方式。
無人搬送
工場や倉庫でベルトコンベアやローラーコンベアなどを使用し、人の手を介さずに製品等を搬送すること。

メザニン
中層棚の通称。倉庫内部における空間の効率化を目的とした中2階式の仮設の棚。 棚は建物に固定していないことから、組立、解体が容易となっている。
メタノール車
低公害車の一種で、メチルアルコールを燃料とする自動車のこと。軽油を使用するディーゼル車と比べ、有害な一酸化炭素、二酸化窒素を削減でき、実用化の段階にも入っており、普及台数が増えつつある。

モーダルシフト
幹線貨物輸送をトラック偏重から鉄道、船、航空機へシフトし、トラックと連携して複合一貫輸送を推進していこうという取り組み。輸送の方式を切り換えること。トラック偏重から、鉄道や船、航空機などに転換すること。我が国の輸配送はトラックに偏っているために、道路の渋滞や騒音、排気ガスといった問題が起こり、その解消と輸配送の効率アップの方策として検討、実施されている。