社員の声

フォークリフト職

フォークリフト職 フォークリフト職
北海道・東北支社 福島支店 生産課
国分 竜次さん
2017年入社

業務内容

最初に製品を入庫する倉庫の状態を把握、製品を積みつける場所を決めた後、必要な書類を作成します。その後入庫や製品おろし、パレット投入などの業務を同時に行います。倉庫の状況に合わせて製品の移動を行うほか、入庫の際に使用するパレットの乾燥や選別、倉庫への搬入も行います。早番では次の人に作業を引き継ぎ遅番では書類を仕上げて作業を終了します。
通常業務のほかに棚卸、フォークリフトの点検・清掃・管理に加え作業エリアの(整理・整頓・清掃・清潔・躾)「5S」を日々注意深く行っています。

異なる業務を並行して同時にこなす必要があり担当の時間帯や状況によっても作業内容が変わってきます。状況にあった作業を選択し、効率よく進めていくことが大切です。

フォークリフト職 フォークリフト職

お客様の手元に
届くことを意識して

フォークリフトを扱うのは初めてでしたので慣れるまでは大変でした。今では入庫した製品を傷つけることなく届けられるようになりました。店頭でアサヒグループの製品が並んでいるのを見たときにこの仕事のやりがいを感じます。そしてもっと多くの製品をお客様の手元に届くことを意識し、一つ一つの業務にも更にやりがいをもつことができるようになりました。
自分で考え実行したことが上手く行ったり、上司や先輩に評価してもらえたりするとモチベーションも上がり仕事がどんどん楽しくなってきています。
夏は暑く冬は寒いなど厳しい環境ではありますが、繁忙期を一所懸命乗り切った時に達成感を感じます。やりがいはとても大きいです。

親身に指導してくれる
頼れる存在、
ブラザー・シスター

ブラザー・シスターの方には入社当初や研修時など様々な場面でお世話になりました。
悩んでいるときに忙しいなか時間を割いて真摯に話を聞いてもらい的確なアドバイスを頂きました。困ったときにブラザー・シスターの存在を心強く感じます。仕事以外の話や相談も出来、今でもとてもよい関係です。
来年度は自分が先輩の立場になるのでブラザー・シスターという間柄でなくとも自分がしてもらったように真摯に後輩たちと向き合い、相手から少しでも信頼してもらえる存在になりたいと思います。

同期の仕事ぶりもよい刺激に

フォークリフト業務に関しては1.5トンから始まり3か月後に2.5トンにスキルアップし、やりがいを感じています。これからはより大きな現場の花形ともいえる出荷業務の7トンのフォークリフトの扱い方を覚えたいと思っています。
そのために今自分が任されている業務を責任を持って最後まで行い、次の段階として大きいフォークリフトでの作業もこなすことができるように頑張りたいです。さまざまな現場の仕事を安心して任せてもらえる人材になり最終的には的確な指示が出せ、目配り気配りのできる管理職を目指したいです。
同期はライバルというと大げさですが、一緒に上の目標を目指して働ける仲間ですので、とても心強く感じています。これからもメンバーと一緒に担当する仕事の幅を広げていきたいです。

国分 竜次さん

私たちはお客様のもとへ安心かつ安全な製品を届けるという目標があります。その目標を一人一人が常に自覚し、実践していくことでひとつの組織として機能するのだと思っています。各現場で仕事内容は異なりますが誰もがアサヒロジの大切な戦力であり欠かせない存在になっています。自分が会社の一員であることを自覚する事で目標が生まれ、もっと仕事が楽しくなりやりがいを見出せるはずです。
現場では質問や相談も積極的にどんどんしてもらいたいですね。元気でやる気のある人、一緒にお仕事しましょう。
私たちの現場の仲間になってくれる人をお待ちしています。

北海道・東北支社 福島支店 生産課
国分 竜次さん
募集要項はこちら