0570-00-5112
お問い合わせ
資料請求

環境 environment

環境基本理念

私たちアサヒロジグループは、一人ひとりの知恵と工夫によって
大気汚染・地球温暖化防止の環境保全に努め、環境保全に関する
教育・啓蒙活動を通じ、事業活動から生じる環境負荷を低減していきます。

〔平成18年4月28日制定・平成22年10月12日改定〕

基本方針

  1. 1事業活動及びサービスに関わる法規制・条例・その他同意する要求事項を遵守します。
  2. 2事業活動及びサービスから生じる環境負荷に対し、省エネルギー運動を推進します。
  3. 3事業活動から生じる、廃棄物の適正処理・リサイクルを推進します。
  4. 4調達する原材料、部品、及びサービスについて、グリーン調達を進めます。
  5. 5環境への取り組みを適切に情報開示し、社会とのコミュニケーションに努めます。
  6. 6有害化学物質の使用を把握し、使用量の削減に努めます。

〔平成22年10月12日改定〕

環境保全・ISO

アサヒロジは、
環境負荷低減活動を多角的に展開。
地域および地球環境の保全に
努めています。

「環境の世紀」と呼ばれる21世紀。
アサヒロジは、地球温暖化防止やCO2の削減など、
様々な課題に対して積極的に取り組んでいます。

  • 『ISO14001』認証取得

    当社は環境にも配慮した物流企業として、『ISO14001』を全国にある41事業所とグループ会社で東西のエービーカーゴ社21事業所が認証取得しています。
    具体的には、法規制を遵守し、省資源、省エネルギー運動の推進、廃棄物の適正処理、リサイクルの推進、また地域に根付いた環境ボランティア活動(清掃活動)を実施し、地域密着型の環境活動を行っています。

    ※2023年度環境活動レポートは、
    2024年6月更新予定

  • 地球温暖化の防止

    地球温暖化は1970年代から急速に問題視されはじめました。ディーゼル排気粒子(DEP)・粒子状物質(PM)などの排気ガス問題は業界全体の問題です。当社ではそれらの対策を先取りし、法規制で装着が義務づけられたディーゼル・パティキュレート・フィルター(DPF)の装着はもちろん、天然ガス車の導入、電気リフトの導入、規制に応じた車輌の代替、アイドリングストップ・燃費走行の教育、デジタルタコメーター管理など、環境に配慮した取り組みを行っています。

  • CO2削減

    現在、当社は新規事業の拡大として「食品・酒類共同配送」事業を強化しています。これによりお客様の物流コスト削減をはじめ、様々なニーズにお応えできると同時に、必要最低限の車輌で効率配送を実現させ、CO2削減に寄与できる輸送システムを構築しています。お客様のニーズにお応えするとともに、待機時間と空回送を最小限に抑えるといった「CO2削減」につながる3PLをご提案いたします。

  • グリーン物流

    次世代の皆様へ「安全・安心な地球環境」を引き継ぐために、当社はISO・グリーン物流・環境会計・グリーン購入など、環境関連事項に積極的に取り組んでいます。これからの物流企業は、「雇用の充実」と同列で「環境配慮」が社会貢献につながります。当社では本社部門・営業部門・現業部門で役割の分担を明確にした取り組みを行い、次世代に最高のプレゼントを贈りたいと考えています。

  • エコドライブ

    当社では『ISO14001』認証取得などの目に見える環境への取り組みに加え、もっと身近で一人ひとりが自覚を持って取り組める「エコドライブ」を推進しています。アイドリングストップを習慣づけ、エネルギーを無駄遣いせず、大気汚染を抑制。環境に優しい物流企業を目指し、さらなる努力を続けています。
    また、急ハンドル・急ブレーキ・急発進・急加速など、「急」のつく運転を最小限にとどめます。「急」のつく運転を必要最小限に抑えることは、交通事故防止につながります。環境に優しく、人にも優しい、そんな物流企業であり続けたいと考えています。